男の人

近年利用者が増えている納骨堂|いい条件を提案するために

お墓を無縁にしない方法

数珠

管理者に供養を託す

近年、故人を供養する形式として実施される例が増えてきているのが、永代供養です。永代供養とは、親族ではなく埋葬施設の管理者が永代にわたって供養を行うことをいいます。核家族化によって先祖代々のお墓から離れた場所で生活する人が増えた、子を持たない人が将来お墓が無縁とならぬよう自ら備えるようになった、などが需要の増加につながっているものと考えられています。永代供養を受け付けている施設は年々増加傾向にあります。たとえば京都では多くの寺社が宗派不問で永代供養を行っています。また、京都に所在する民営の霊園の中にも永代供養を扱っているところが少なくありません。永代供養を行う場合の手続きの流れについては、京都に限らず一般の埋葬の場合と基本的には同じです。京都市を例にとれば、まず死亡届を区役所に提出し、埋火葬許可証の交付を受けます。その許可証を埋葬施設に提出し、永代供養を申し込みます。申込みは遺族が行うのが一般的ですが、本人からの申込みを生前に受け付けている施設もあります。供養料の支払いは、申込時に一括払いが原則です。ただ、生前申込みの場合は実際に埋葬が行われるまでの間、年間管理料の支払いが必要となる場合があります。納骨後は、毎年お彼岸やお盆に施設が合同供養を行います。命日や回忌ごとに個別の供養を行うところもあるなど、形式は施設によってさまざまです。安置の仕方は、合祀墓に他の遺骨と一緒に納める方法と、納骨堂や通常の墓地に個別に納める方法との2種類があります。後者の場合でも、30年ないし50年といった一定期間経過後に、管理者の権限で合祀墓に移すのが一般的です。