男の人

近年利用者が増えている納骨堂|いい条件を提案するために

死後の不安を解消

線香

納骨までの流れ

お墓を立てる余裕がない場合や、後々までお墓の面倒を見る方がいない場合には、永代供養を依頼することで、没後長期間にわたり供養してもらうことができます。京都で永代供養墓を利用するには、まず寺院などの施設から資料を取り寄せ、供養の内容や費用などを確認します。永代供養といっても永遠という意味ではなく、遠い将来には合祀されて遺骨を取り出せなくなる場合があります。また料金も一時払いで終わる施設や、年会費が必要な施設などさまざまです。依頼する施設が決まったら、永代供養を申し込んで料金を支払います。契約が成立したら遺骨を持参して納骨してもらいますが、このとき火葬済証明書などが必要になることがあります。証明書は火葬場で発行してもらえるので、なくさないように保管しておいてください。京都には各宗派の本山が集まっているだけに、永代供養を依頼できる寺院も数多くあります。京都以外に在住の方でも、地元の寺院の住職から紹介を受けて、本山の施設を利用することができます。ただしこのような場合は、特定の宗派の門徒でなければ永代供養をしてもらえないこともあります。実際には門徒でなくても、誓約書などを提出すれば利用できる可能性はありますが、一応頭に入れておくと良いでしょう。京都でも近年では、宗派に関係なく永代供養してもらえるサービスが利用できます。施設を見学することもできるので、不安なことがあれば事前にしっかり確認しておきましょう。