男の人

近年利用者が増えている納骨堂|いい条件を提案するために

お墓に悩んだら

お墓

都心から近い永代供養

配偶者や親きょうだいなど、家族が亡くなったとき心配な事柄の一つにお墓をどうするかという問題が挙がります。近年では墓地の管理がじゅうぶんにできないという理由で、先祖代々のお墓を閉じる墓じまいをして個人でお墓を持つことが少なくなっています。そこで人気なのが永代供養墓のある霊園です。多くの永代供養墓は集合型のもので宗派を問わず納骨することができます。独身者や後継者のいない方向けにしている場合もありますが、近年では残された家族、多くは子どもとその家族に迷惑をかけたくないという理由で利用する方が増加しています。金額も個人墓に比べて抑えることができます。とはいえ残された家族としてみれば、故人を偲び会いに行く場所がないのはさみしいという意見もあるのは事実です。故人も家族も納得のいく永代供養墓をもつ霊園は全国に増えています。生活拠点が都心にある家族におすすめなのが、埼玉県にある霊園に永代供養墓を設けることです。都心からのアクセスが良く、気軽に故人を偲んで会いに行けます。埼玉県内に複数ある霊園のうち、飯能や秩父などにある霊園は緑豊かで敷地も広く人気があります。埼玉県は程よい都会と田舎が共存しており、埼玉県内の霊園には都心からのアクセスの良さと、自然にふれあい心安らぐ環境が揃っています。永代供養墓にも種類がありますが、一般的なものは骨壺を納骨堂へ収めるタイプや地面に埋めその上または近くに目印となる木や花などを植えるタイプ、骨壺から出して土へかえすタイプがあります。それぞれに永代供養料が発生し、個で居るほど料金が高く、他と交わるほど料金は安くなる傾向にあります。